ニキビ跡を消すと人生明るくなる

ニキビ跡の赤みや色素沈着、クレーター状の凹凸に悩んで、あれこれと思いつくケアをしているけど、なかなか改善せず、セルフケアに限界を感じていませんか?
 セルフケアでニキビ跡を治すには、時間が掛かると言われていますが、今やっているケアが本当に正しいのかわからないし、大人になってからのニキビ跡ほど治りにくく、毎日鏡を見て、ため息の繰り返し。。

 

早く!確実に!ニキビ跡を改善して、「つるん肌」を取り戻したい!!と思われている方には、正しいニキビ跡ケアを知り確実に早く消していきましょう。

 

ニキビ跡を消す前にニキビ跡の種類を知ろう!

そもそも、なぜニキビ跡ができるのでしょうか?
ニキビができただけでどん底の気分なのに、ニキビ跡になったら、さらにショックですよね。

 

ニキビ跡の原因と種類

そもそもニキビとは、何らかの原因により毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が増えることで、肌が炎症を起こしている状態です。その炎症によって、皮膚がダメージを受け、傷跡となり残った状態が「ニキビ跡」です。

 

まだ炎症になっていない初期の白ニキビや黒ニキビは、跡に残りませんが、膿を持った赤ニキビや黄ニキビは、ニキビ跡になってしまうことがあります。「膿疱性座瘡(のうほうせいざそう)」「集簇性座瘡(しゅうぞくせいざそう)」と呼ばれます。

 

ニキビ跡には、次の3つの種類があります。

 

種類@赤みのあるニキビ跡

ニキビが出来た後に、炎症が進むと、肌の奥にある真皮層や皮下組織にまで、傷やダメージが及んでしまい、それがニキビ跡に変わります。

 

炎症を消せば肌の傷やダメージを抑えれるため、炎症を癒すために働いてくれる毛細血管の血液量が増え、
炎症のダメージによって薄くなっている肌の表面に透けて赤く見える、それが「赤み」に見える原因です。
肌のターンオーバー(新陳代謝)によって徐々に薄くなっていきますが、肌の深部にまでダメージが及んだことで、長時間残り続けることがあります。

 

種類A茶色い色素沈着(シミ)のニキビ跡

しかし炎症を何もケアせず放置し、紫外線を浴びたり外部刺激などを与えると炎症が酷くなり肌が弱った状態になってしまい、その弱った肌を守るためメラニン色素が大量に発生します。
メラニン色素は肌細胞を守る働きをする色素で、それが消えず残ってしまい、「茶色い色素沈着」となってしまうのです。
この仕組は、紫外線から肌を守るときの仕組みと一緒ですね。
ニキビの炎症で壊れた細胞は、新陳代謝によって剥がれ落ちずに、メラニンが残って、色素沈着してしまいます。これが、茶色や黒っぽいニキビ跡の正体です。

 

 

種類B凹凸したクレーター状のニキビ跡

そして、その炎症が酷くなり肌の組織の奥にある真皮層や皮下組織にまで広がってしまうと、その層や組織が傷つき破壊され
ダメージを受けたところと、受けていないところで、新陳代謝がされる部分、されない部分の違いが出てしまい、肌の表面で凹みとして表れます。それが、凹凸したクレーター状のニキビ跡の正体です。
ターンオーバーで皮膚が作り出す事ができなくなるため凹凸のような跡である「陥没性の凹凸クレーター」になってしまうのです。
状態によって、アイスピック、ローリング、ボックスの3つのタイプに分けられます。

 

 

種類別ニキビ跡を消す方法

 

赤み

赤みは比較的症状が軽く炎症や傷を治すために毛細血管の血液量が増え集まり赤く見えるだけなので、炎症を抑え傷を治せば
時間がかかるかもしれませんが時間と経過とともに自然治癒で治ります。
しかし、そこでニキビ跡を触ったりして外部刺激を与えると治癒することなく、それ以上に酷くなってしまい茶色い色素沈着や陥没性の凹凸クレーターになる恐れがあるので注意して下さい。

 

赤みに効く成分

赤みのあるニキビ跡は、ターンオーバーを促進させて、メラニンの生成を抑えることが大切です。そのためには、ビタミンC誘導体という成分が効果的です!

 

美白、美肌に欠かせないビタミンCですが、直接肌にいくら塗り込んだとしても、成分が不安定で、肌のバリア機能によって、残念ながら、浸透しません。
そこで、ビタミンCを人工的に変化させ、肌に浸透しやすくさせたものが、ビタミンC誘導体なのです!

 

このビタミンC誘導体は3つの種類に分けられます。
1.水溶性
成分名は、リン酸アスコルビンナトリウム、リン酸アスコルビンマグネシウムなどと表記されています。さらっとしていて、主に、ローションによく使われています。
素早く肌に浸透する反面、乾燥しやすいというデメリットがあります。

 

2.脂溶性
成分名は、テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどと表記されています。クリーム、ジェルによく使われています。
水溶性と違って、皮脂膜になじむので、肌の奥への吸収率が高く、塗布後の乾燥も少ないです。じわっじわと肌の奥へ浸透していくので、即効性がないというデメリットの反面、効果を発揮する時間が長いメリットがあります。

 

3.水溶性+脂溶性の機能を合わせたもの
成分名は、アスコルビン酸-2リン酸-6パルチミン酸(APPS)などと表記されています
水溶性と脂溶性の良いとこ取りをした性質を持っていて、表皮と真皮層へ浸透し、メラニン生成にもアプローチするので、赤みのあるニキビ跡にも効果的です。ジェル、クリームなど色々なアイテムに配合されています。ただし、水溶性、脂溶性と比べて、安定性が低く、値段が高いのがネックです。

 

赤みのあるニキビ跡に人気のケア商品

ビタミンC誘導体が含まれているのが、「リプロスキン」という医薬部外品のブースターローションです。
水と油にも馴染む成分で、また「ナノBテクノロジー3.0」という独自の浸透力向上技術を採用し、成分を肌の奥までアプローチできます。赤みのあるニキビ跡に重要な肌のターンオーバーを促進して、肌が正常な状態に

 

茶色い色素沈着(シミ)

茶色い色素沈着を消すにはメラニン生成を抑えることが大事です。
そのため、外部刺激を与えるず紫外線対策にも気を付けましょう。
紫外線を浴びるとメラニンが肌を守ろうとし大量に生成します。
そしてそれだけではなく、肌のターンオーバーを整えてあげるのも大切です。
肌のターンオーバーを整えることでメラニンは徐々に排出され自然と薄くなり消失します。

 

茶色い色素沈着(シミ)に効く成分

茶色いニキビ跡のシミの場合、肌に美白効果をもたらしてくれる成分を選ぶ必要があります。茶色いニキビ跡には、赤かったニキビ跡の上にメラニンの残骸が蓄積している状態なのです。
そのため炎症の跡のケアと、メラニンのシミの美白化を促す成分が重要になってきます。

 

1.指令物質を抑制する成分
メラニン色素を作る指令を出す物質「エンドナリン」の働きを阻害します。
◎カモミラET、トラネキサム酸、t−シクロアミノ酸誘導体など。

 

2.変換物質の働きを抑える成分
メラニン色素に変換してしまう「チロシナーゼ」の働きを抑えます。
美白化粧品の大半にはこの成分が配合されています。
◎アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸
◎漢方薬でも目にする油溶性甘草エキス

 

3.変換物質を減らす成分
メラニン色素に変換してしまう「チロシナーゼ」そのものを減らす効果のある成分です。
◎リノール酸など

 

これらのような成分が配合されている製品を選んでいくと効果を得られやすくなります。スキンケア製品の成分表示を今度からじっくり見てみたいですね。

 

茶色い色素沈着(シミ)で人気のケア商品

効果の高いナノ化技術を取り入れたのがこの「ベルブラン」です。有効成分を極小化した他にはない製法で作られているスキンケア製品なのです。
ナノ化された美容成分は浸透性が高く、肌の内側にしみ込んでお肌に働きかけてくれます。

 

 

 

陥没性の凹凸クレーター

クレーターニキビ跡はターンオーバーでは再生しない皮膚組織真皮が傷ついてしまっているため、自然治癒やセルフケアで
治すことが難しくニキビ跡の中でも治り辛い、重度の状態にあります。
そのため、クリニックでのレーザー治療が必要となります。

 

もう一つ最近はピーリングという自身でも手軽にできるニキビケアがあります。
ピーリングは古い角質を剥がします。
古い角質を取り除くことで肌の新陳代謝を高めることにもつながり、ニキビ跡も薄くなるというわけです。
しかし、ピーリングはやりすぎると正常な角質まで剥がしてしまう恐れがあり、肌にとってマイナスになってしまいます。
そして、ピーリングは時間もかかりニキビ跡を薄め目立たなくなるだけで完全に治療するわけではないので注意が必要です。

 

凸凹クレーターに効く成分

真皮まで傷付いてしまっている凸凹のクレーター状のニキビ跡には、クリニックでのレーザー治療やピーリングが効果的ですが、経済的にも大きなハードルのあるクリニックに行く前に、セルフケアで、出来るだけニキビ跡を薄くして、ふっくら弾力とハリのある肌を取り戻したいですよね。凸凹クレーター状のニキビ跡に効果的な成分はどんなものがあるのでしょうか。
肌の弾力をアップさせたり、ターンオーバーを促進させるような成分が効果的です。

 

肌のハリ、弾力アップのポイントは「線維芽細胞」を活性化させる!
肌にハリや弾力を持たせるには、肌の仕組みを理解することが不可欠です。
肌は、表皮と真皮に分かれていて、真皮で、肌のハリや弾力の元となる成分が生みだされます。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの基質を生み出しているのが、真皮の「線維芽細胞」です。
この「線維芽細胞」が正しく働くことがポイントになります!
この細胞が正しく機能することで、コラーゲン生成が進み、肌の弾力が出てくるので、凸凹クレーターのニキビ跡が目立たなくなっていきます。
では、線維芽細胞を活性化させるためには、どんな成分が効果的なんでしょうか。

 

「線維芽細胞」を活性化させる成分とは?

ビタミンC誘導体、レチノール(ビタミンA誘導体)、ペプチド(マトリキシル、マトリキシル3000、ヒトオリゴペプチド-13(FGF)などが挙げられます。

 

セルフケアで凸凹クレーターのニキビ跡が少しでも薄くなるよう、これらが配合されている化粧水などを上手に使いたいですね。

 

凸凹クレーター状ニキビ跡に人気のケア商品

「アクレケア」には、線維芽細胞を活性化させる卵殻膜が配合されています。この卵殻膜は、肌のターンオーバーを正常化し、皮膚の修復作用があると言われています。なんと、江戸時代から卵殻膜は傷の治療に使われていて、卵殻膜の傷の修復作用は昔から知られているんです!
卵殻膜の他にも、月下香エキスやカムカムエキス、茶エキス、カモミラエキスなど美肌に注目の成分も配合されています。
生活習慣を改善する他に、毎日のケアに「アクレケア」を取り入れて、ふっくら弾力を取り戻したいですね。

 

 

皮膚科の治療も候補に入れる

凸凹ニキビ跡のようなセルフケアでは長時間かかるような状態のときは、皮膚科の治療も検討してみましょう。
セルフケアでは難しい、最新技術のレーザー治療やケミカルピーリングなどが受けられます。
ただし、肌に合わない薬を処方されて、症状が悪化するケースもあり、そのような場合でもしっかりとフォローしてくれ、別の治療、薬を提案してくれるクリニックを選ぶ必要があります。保険適用外の治療は費用が高く、クリニックによって、同じ治療内容でも、金額が異なることもあります。またお金を掛けて治療を繰り返しても、100%自分の思う効果を得られないケースも。
カウンセリングで、メリット・デメリットを理解し、いろいろな角度から、しっかり納得してから、治療を行うことが大切です!

 

 

ニキビ跡を消す市販薬

 

市販薬の選び方

ニキビ跡の改善する市販薬にはシミやそばかすを改善する薬、ターンオーバーを正常に戻す薬、メラニン色素を抑える薬と沢山あり、
主に肌の改善を促す肌の改善を促すビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを多く配合されております。

 

ビタミンAは皮膚の潤いも保ちお肌の生まれ変わりを、促進してくれる栄養素です。

 

ビタミンB群はお肌から分泌される皮脂の分泌量を調整し、お肌の状態を正常な状態へ保ち、新陳代謝を促進させてお肌の形成に
関わる栄養素です。

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれ酸化を防いで、美肌へと導いてくれる栄養素です。

 

ビタミンEは体内の脂質が酸化するのを防ぐ抗酸化作用があり肌に害を及ぼす活性酸素から皮膚を守ることができる栄養素です。

 

飲み薬と塗り薬ありますが、これらを用途によって使用するのがいいでしょう。

 

しかし、ここで気を付けて欲しいのはニキビ跡を消す専用の市販薬はなく、ニキビ跡の改善をサポートする薬だということに注意してください。
そして薬はサポートというニキビ跡の改善を早めてくれる役割をするだけなので、使用したからと言って必ず治るというわけではありませんし
個人差があるため気を付けましょう。

 

 

 

生活習慣改善でニキビ跡を消す

 

食生活

脂っぽい食べ物ばかり食べたり偏食や夜食など食生活の乱れはニキビ跡を悪化させてしまいます。
そのため、バランスが良い食生活を送るのがベストです。
特にビタミン類、主にビタミンA・B2・B6・Cを摂取すると良いです。
これらは、お肌の生まれ変わりを促進し皮膚の潤いも保ち、お肌から分泌される皮脂の量を正常な量に調整し
新陳代謝を促進させてお肌の形成に関り、メラニンの生成を抑制してくれるお肌にいい栄養素です。

 

 

睡眠

寝ている時に肌の成長ホルモンが分泌されターンオーバーが促進されます。
成長ホルモンはお肌の新陳代謝を活発にしてくれるので、できるだけ多く分泌したいです。
成長ホルモンは寝てから最初の3時間に分泌されるため、その時間に多く分泌出来るように深く良質睡眠を取りましょう。
そして、睡眠不足はニキビやニキビ跡が改善しにくくなる原因となりますので
睡眠には個人差がありますが、一般の成人であれば7〜8時間程度の睡眠が必要です。

 

運動

適度な運動をすることにより汗をかくことによる毛穴詰まりの解消や新陳代謝を良くし、
血のめぐりの改善、ストレスの発散になり正常なターンオーバーを促します。
しかし、外に出ると紫外線にあたってしまいます。
紫外線はニキビやニキビ跡悪化の原因になるので、外に出る時は焼け止めを塗り紫外線対策をしましょう。

 

ニキビ跡はメイクで消す

 

ニキビはスキンケアや生活習慣などによりケアが可能です。
しかしニキビ跡をなくすには、じっくり時間をかけて長期でのケアが必要となります。
毎日のメイクでニキビ跡を隠すことができたら自分に自信が持てそうですよね。
ニキビ跡をうまく隠して美肌へと導くメイク法をご紹介します。

 

化粧下地の選び方

化粧下地の役割は重要で、ファンデーションの密着を高めてニキビを目立たなくしてくれます。
また、でこぼこをフラットな状態にし、肌を明るく見せてくれる効果やファンデーションが肌に入り込んで黒ずみになるのを防ぐ役割もあります。
ニキビ跡にはコントロールカラーの下地や、カバー力のある下地がオススメです。
それぞれのニキビ跡によったベースメイクをすることで、うまくニキビ跡をカバーすることができます。

 

ファンデーションの選び方

ファンデーションは、パウダリータイプがオススメです。
リキッドタイプもカバー力があり、伸びは良いですが肌への刺激が強いため、肌トラブルをおこしている肌にはあまりオススメできません。薄づきで手軽にさっとメイクできるパウダリータイプなら、ファンデーション前の下地やコンシーラーの邪魔をしません。
パウダリーファンデーションで、ニキビの目立たない陶器肌へ近づけましょう。

 

赤みのあるニキビの場合

赤みのあるニキビには、グリーンのコントロールカラーの下地を選びましょう。グリーンで赤みを打ち消し、ニキビ跡を目立たなくしてくれます。部分的に赤みの気になる場所にはコンシーラーをつかうとより、効果的です。
ニキビ跡を隠そうと厚塗りになりがちですが、下地+コンシーラーのポイント使いでしっかりカバーできれば、ナチュラルメイクでもニキビ跡の目立たない美肌に近づくことができます。

 

茶色いしみのニキビの場合

茶色いしみのニキビには、下地を塗った後、コンシーラーを筆にとり、指や綿棒で軽くトントンと肌に馴染ませしみを隠すようにつけるのがポイント。
固形タイプのスティック状などのコンシーラーはカバー力が高いのでオススメです。

 

凸凹ニキビの場合

肌がでこぼこしたニキビには、カバー力のある下地を選びましょう。
その上にコンシーラーをつかってでこぼこをフラットな状態にしていきます。
コンシーラーは、シリコン系なら肌のでこぼこを均一にするのを特化しているのでオススメです。
きちんとクレンジングを行い、ニキビ跡からトラブルをおこさないようにケアしてください。